セフレとは?

とは何人もセフレを持ち充実したセックスライフを満喫している人、それを目指してセフレを探すサイトを利用している人、職場でセフレを確保して内緒の関係を楽しんでいる人、いろいろいらっしゃると思いますが、そもそもセフレって何?ということを考えてみましょう。
セフレとは「セックスフレンド」の略で、セックスを目的に交際している相手のことですね。英語では俗に「Fuck Buddy(ファックバディ)」と言うそうです。1970年に「セックス・フレンド(ロジャー・ブレイク著)」という小説が刊行されたといいますが、この当時はまだ真新しい言葉だったようで、この頃は「pillow friend(枕友達)」と呼ばれていたそうです。
セフレとの付き合い方ですが、「純粋にセックスだけの関係」「セックスもする友達」に大別できます。前者は本当にセックスするためだけに会い、普段は連絡を取り合うこともないといいます。デートやプレゼントを贈るなど一切ない関係もあるそうです。後者はセフレの語源「sex」「friend」の言葉の意味通りで、友達または恋人としての関係を持っていたり、擬似恋愛と割り切っていたりといろいろなパターンがあります。
この二つの付き合い方のどちらがいいのか、セフレを探すサイトでやりとりをする際には重要なポイントになりますので相手にしっかり伝える必要があるでしょう。

どんな男性をセフレにする

どんな男性を

セフレとの関係はずばりセックスのためですので、それ以外の面倒から解放されていることが重要です。
ですから後腐れのないセフレを探す出会い系サイトが繁盛しますし、前の職場や前のクラスなどからセフレを作る例が多いのでしょう。
ところがその全く逆、自分の身内でセフレを作るという強者もいます。
「ヤリマン」だなんて周囲に知れ渡ってしまったら大変ですが、そんなリスクを回避しやすい、身元が安心でセフレにふさわしい男性を狙うというのです。
それは「付き合いの長い彼女のいる男友達」だといいますから、意外に感じられます。
でも確かに、付き合いの長い彼女がいる、ということは周囲の人々にも彼女の存在が知れ渡っているということですし、セフレがいるなんてわざわざバラしてしまうと立場がなくなります。
知られにくい、という意味では確かに理想的でしょう。
また、確実な本命があるのですから、セフレから恋愛に発展してしまうという面倒を回避できます。
あとはその男性が「浮気経験があり、チャラい」という特性があれば十分話に乗ってくれて、かつ気軽にセフレの関係でいてくれるのではと言いますが、浮気癖のあるチャラい男性が本命を彼女一本に絞って、なおかつセフレの秘密を守るか、いささか疑問ですので確かな見極めが必要になるでしょう。

上手に関係を続けていくために

関係

恋愛は面倒くさい。
しかしセックスはしたい。
この考えは恋愛が低年齢化する傾向にある昨今、どんどん定着していく考え方なのではないかと思われます。
何度も恋愛を経験した結果、ご機嫌をとったり予定を合わせたり喧嘩したりということが煩わしくなってきた。
しかし生き物としての性欲はある。
セフレという関係が必要になってくるのはそう言うところからでもあります。
条件に見合った相手とセフレの関係を築くことができたら、次の課題は今後共セフレとしていい関係でいることです。
下手に恋愛感情を芽生えさせてしまったらまた面倒なことになってしまいます。
大事なことは、セフレは恋愛相手ではない、という空気をしっかり作ることです。
彼氏や彼女ではないのですから、愚痴を真摯に聞いてあげたり腹を立てて喧嘩したりすることはなく、あくまでドライに接しましょう。
また好きな異性の話を積極的にすると、セフレは恋愛対象ではないという雰囲気を演出できます。
過去の恋愛話も明け透けに話しましょう。
こうすることでお互いに対する幻想を晴らし、セフレと恋愛感情の絡んだ面倒な関係にならずに済むようです。
はっきり「恋愛はない」と告げられてもセフレの関係が続けられるのならベストでしょう。

相手を探す為のツール

ツール

セックスが目的のセフレですが、みなさんどのようにしてゲットしているのでしょう。
時代を反映してセフレを探す専用のサイトが多く出来ていますが、このようなサイトをツールとして条件の合うセフレを探すのが主流のようです。
目的をセフレに絞った出会い系サイトをいくつか見てみますと、ランキング1位の「モビモバ」、2位の「シンデレラ」共に会員数300万人といいますから驚きです。
どちらも男女とも完全無料をうたっており、会員登録はサイトからメールをそのまま送るだけ、という簡単さです。
ただし余りにも利用者が多いようで、登録メールを送信してから結構待たされます。
生活の中にセフレというものがいない立場からすると、こんなに簡単にセフレ探しが始められるのかと少々面食らいますが、これが現代の常識なのでしょうか。
とはいえ登録してからがセフレ探しの本番です。
プロフィールや掲示板などをよく見て、よさそうな相手を見つけたら積極的にアプローチしましょう。
異性との話が苦手で面と向かってではなかなかうまく話ができない方でも、文章でのやりとりでならしっかり用件を伝えることができそうですし、そもそもセフレを目的としたサイトですから、やりとりもスムーズに進めることができるはずです。

恋人に発展すること

発展

特に女性の場合、セフレとの関係を重ねるうちセックスだけの関係に飽き足らず、真剣な交際相手になることを望むことがあります。
職場の同僚やクラスメイトという関係がセフレ化する場合、多かれ少なかれ相手に何らかの好意を持っていることが前提になるからです。
セフレという関係を「セックス目的の相手」としてではなく「友達以上恋人未満」とロマンチックに捉えているようです。
多くの場合その望みは果たされることなく、セフレはセフレのままであることが多いようです。
セフレとしての付き合いが始まってまだ日が浅い段階ならまだしも、何年もその関係が続いているようでは「今さら感」が関係打破の妨げになります。
世の中にはセフレから彼女へのジョブチェンジに成功した例も確かにあるようなのですが、残念ながらレアケースだと言わざるを得ません。
セフレとは言え恋人ではありませんから、「恋人として付き合ってください」と改めて告げるのは「告白」になります。
単に告げるだけでも相当の勇気が必要なのは間違いありませんが、もし断られてしまった場合、現在のセフレとしての関係まで失ってしまうのではないかと考えてしまうと、告白も思いとどまってしまうようです。
友達同士でもセフレでも、告白というものは大変なことなのだと考えさせられます。

Copyright© 2014 エロサイト案内【stevemaish】 All Rights Reserved.